厳選記事はコチラからどうぞ!

ブログを書くのがめんどくさい時の対処法5選【面倒でも書け!】

ブログを書くのがめんどくさいなって思うことありますよね。

自分はなんてダメな人間なんだ・・・
なんて思っていませんか?

元来、人間はナマケモノです。
めんどくさいと思うのは普通なので安心してください。

とは言え、お金を稼ぐために始めたブログ。
結果も出ていないのにサボるわけにはいかない。

そんなあなたに対処法を伝授します。

ブログがめんどくさい時の対処法

  1. とりあえず書き始める
  2. リライト作業をする
  3. インプットの時間にする
  4. 記事のネタをひたすら考える
  5. Twitterを本気でやってみる

結論から言うとブログで結果を出したいなら面倒でも書き続けるべきです。

1度ブログを書くことから離れてしまうと、ますますめんどくさくなります。

どうしても筆が進まない時のみ②〜⑤の対処法を試してみてください。

ブログを書くのがめんどくさい時の対処法

1.とりあえず書き始める

1番オススメしたいのはやる気が出なくてもとりあえずブログを書き始めることです。

やる気はやらないと出ないようにできています。騙されたと思って書き始めてください。不思議とやる気が出てきます。

1,000文字くらいのライトな記事を書くつもりで書き始めると良いです。
書いてるうちにやる気が出てきて気づけば3,000文字くらいの記事が完成することも珍しくありません。

1,000文字程度の軽い記事を2本書いてもいいですね。あとでリライトもできるので文字数は気にしなくても良いです。

何よりも書くことが大切です。

2.リライト作業をする

公開から3ヶ月以上経過した記事があればリライト作業をするのも良いです。
リライトしているうちにやる気が出てきて新規記事を書き始めることもあります。

リライト方法は以下の記事を参考にしてみてください。
» 参考:過去記事リライト方法|ブログ初心者必見のコツを有名ブロガーに学ぶ

3.インプットの時間にする

努力は正しい方向でないと成果に繋がりません。ブログで収益という結果を出すのであれば成功者から学ぶ時間も大切です。

やる気が起きないならインプットの時間に充てましょう。インプットしたことを早速実践したくなるので気づけば新規記事を書いている時があります。

初心者はブログを始める前にインプットをしたと思います。記事も書かずにインプットばかりしているのはまったく意味がありません。30記事〜50記事達成まではひたすら記事を書きましょう。

ある程度の記事数が書けたら1度立ち止まり、インプットの時間を増やすことが必要になってきます。自分の努力の方向性が間違っていないか確認してみましょう。

インプットばかりでなかなか手が動かないということにならないように気をつけてくださいね。学んだことはすぐに実践してみる姿勢が成功に繋がります。

4.記事のネタをひたすら考える

リサーチバンクが実施したブログに関する調査があります。

27.2%の人が「書くネタがなくなった」ことを理由にブログを辞めてしまっています。

ブログを辞めた理由を調査した結果


» 引用:ブログに関する調査。ブログをやめた理由、53%が「更新が面倒になったから」

書くのが面倒ならネタをひたすら考えてストックしておきましょう。
ネタを思い付いたらメモって、キーワードや競合調査までしておくと良いです。
いいネタを思い付いたらすぐに書きたくなることもあります。

5.Twitterを本気でやってみる

ブログを始めたばかりのときには全然検索エンジン経由でアクセスがなく、やる気がなくなることもあるでしょう。

Twitterは効果的な集客手段になります。
ブロガーの中にはTwitter流入がメインで大きな収益を上げている方もいます。

インフルエンサーのリツイート効果ヤバイ

フォロワーが少なくても安心してください。
インフルエンサーにリツイートしてもらえれば拡散されるのでブログのアクセスアップも見込めます。
https://twitter.com/hyp_positive/status/1037307099959582725
» 参考:ブログのアクセスが増えない!TwitterでPV数を増やす方法

Twitterは集客手段として有効

ブログ初心者でも自分がターゲットとするフォロワーをたくさん集められれば検索で上位表示されなくても収益化が可能です。Googleのアップデートにより検索順位が下がっても集客できる点も魅力です。

Twitterのフォロワーを増やす方法は以下の記事を参考にしてみてください。
» 参考:劇的に増加!Twitter(ツイッター)フォロワーの増やし方7選

なぜやる気が出ないのか?

結果が出ていない

ブログを収益化するには時間が掛かります。
ブログを始めたら3ヶ月で100記事書こうというアドバイスをよく聞くと思います。

3ヶ月継続しても収益は1万円に満たないことが普通です。
https://twitter.com/hyp_positive/status/1036555176415383553
https://twitter.com/Shohei192/status/1035774096057950208

1番上は私の運営報告ですが、収益はすべてTwitter流入から上がったものです。
3ヶ月間で100記事書いても検索エンジンからの流入で収益は出ていません。

100記事書くのは楽ではありませんでした。
それでも売上という結果を得ることはできません。

結果が出ていないのに続けるのは大変なことです。でもそれは普通で、有名なブロガーの方々もなかなか結果が出ない時代を乗り越えて今があるんです。

信じて続けるしかありません。まずは100記事を目指しましょう。
» 参考:ブログが続かない人必見!誰でも簡単に100記事を達成する方法

習慣化していない

ブログに限った話ではありませんが、「面倒だな」と思うのは習慣化していないからです。
毎日続けて、やらないと気持ち悪いと思うレベルになったら習慣になったと言えます。

習慣化にはコツが必要です。
私がジム通いの習慣化に成功した方法を記事にしていますので参考にしてみてください。
» 参考:【ジム通いが続かない人へ】ジムに行きたくなくても続けるコツ

やる気の正体

やる気の正体について医師で作家の鎌田實(かまたみのる)さんは次のように述べています。

やらなきゃいけないと分かっているのに、なかなかやる気が起きない。この「やる気」の正体は何だろう。答えは、脳の神経細胞と、神経細胞の間を飛び回っているドーパミン。別名「快感ホルモン」といわれる神経伝達物質だ。「報酬系」といわれ、欲求が満たされたときに快感をもたらすのだ。
» 引用:やる気の正体とは何なのか/鎌田實の健康連載

やる気の正体はドーパミンだったんですね。
ドーパミンは出過ぎないように抑制されているのですが、βエンドルフィンという神経伝達物質が出るとドーパミンの抑制機能が解除されます。

βエンドルフィンはサウナと水風呂の温冷交換浴により分泌させることができます。

» 参考:サウナで整う入り方|整わなかった僕がサウナトランスできた方法

やる気はやらないと起きない

東京大学教授で脳研究家の池谷裕二さんは、糸井重里さんとの対談で次のように述べています。

「やりはじめないと、やる気は出ません。
 脳の側坐核が活動すると
 やる気が出るのですが、側坐核は、
 何かをやりはじめないと活動しないので。」
» 引用:ほぼ日刊イトイ新聞-脳の気持ちになって考えてみてください。 〜「やる気」と「脳」の話を、池谷裕二さんと。〜

「やる気はやり始めると出る」というのは私自身何度も経験しているので本当です。
騙されたと思って試してみてください。

今日はブログ書きたくないなと思っても書き始める。

するとやる気が出てきて気づけば普段以上の記事を書き上げていた。
なんてことも珍しくありません。

created by Rinker
¥680 (2019/09/15 15:36:52時点 Amazon調べ-詳細)

めんどくさいの発生率を下げる方法

ブログが習慣化するまでは、書くのが面倒だなと思わないようにする工夫も必要です。

書く内容を事前に決めておく

ブログを書こうと思ってネタがないと書き始める前に時間が掛かりますし疲れてしまいます。

そうならないためにはブログのネタになることがないか常日頃からアンテナを張り巡らせておく必要があります。ネタを思い付いたらすぐにメモしておきましょう。

芸人はネタ帳を持っていますよね?

ブロガーも同じでネタ帳を用意しましょう。
スマホのメモ機能で十分です。

狙うキーワードとタイトルを決めておく

記事にするネタが決まったら上位表示を狙うキーワードとタイトルを考えます。

キーワード決めには競合チェック作業もあるので地味に時間が掛かります。

ブログを書き始める前に準備しておくと手が止まりにくくなります。

見出しなどの文章構成を決めておく

キーワードが決まったら見出しと文章の構成を考えます。

先に見出しと文章構成を決めておくとスラスラと文章が書けます。

ブログを書くって実は「キーワード・タイトル・見出し・構成」を決める時間が大半なので、これらを事前に準備しておくと文章を書く作業自体にはそれほど時間は取られません。

ブログの文章構成や記事の書き方はマナブ(@manabubannai)さんの記事が参考になります。
» 参考:ブログで文章構成を作る3つの手順【ブログ歴6年の僕が徹底解説】
» 参考:【ブログ特化】収益UPするアフィリエイト記事の書き方【実例公開】

目標達成から逆算した計画表をつくる

ブログを続けていく上で目標を設定することも重要です。

ただし、目標は自分がギリギリ達成できるラインにすべきです。非現実的なものではなく、かなり頑張ればギリギリ達成できる目標にします。例えばブログ開設から3ヶ月で100記事達成などです。

目標が決まったら目標達成から逆算された計画を立てます。
3ヶ月(約90日)で100記事が目標の場合は毎日1記事が基本で2記事公開する日も10日必要ということになります。毎日作業できない場合は、作業日あたりの記事公開本数を増やさないと目標は達成できません。

計画表には何の記事を書くかを1週間くらい先まで入れておくと作業効率が上がります。
「キーワード・タイトル・見出し・構成」は前日までに決めておけるとベストです。

まとめ

最後にブログを書くのが面倒なときの対処法を振り返っておきましょう。

ブログがめんどくさい時の対処法

  1. とりあえず書き始める
  2. リライト作業をする
  3. インプットの時間にする
  4. 記事のネタをひたすら考える
  5. Twitterを本気でやってみる

書くのから離れてしまうと戻りづらくなるので対処法①を最優先にしましょう。
どうしても難しい場合は②〜⑤を試してみてください。

やる気はやらないと起きないということもお忘れなく。

Twitterやってます

ブログビギナーに役立つ情報を発信しています。よろしければフォローお願いします。

kuruhiro@ブログ探求中(@hyp_positive