厳選記事はコチラからどうぞ!

【起業志望者の就職・就活】将来起業したい人向けの就職先4選

1.経営者と会う機会が多い業界

経営者との人脈ができますし、資金繰りや上場を目指すにあたって金融業界にいた経験は必ずプラスになります

仮に就職後に起業する意欲がなくなったとしても、ベンチャー企業のCFOポジションも狙えるのでオススメです。

銀行

起業をするなら職種は法人営業が良いでしょう。

クライアントの担当者は社長や財務責任者など企業の上にいる人達で人脈形成にもなりますし、自分が事業を起こしたあとに貸す側の事情を知っていることは大きなプラスになります。

証券会社

新規上場担当のポジションが良いでしょう。

上場を目指しているような勢いがあるベンチャー企業とつながりができるのは必ずプラスになります。

証券会社側の立場を知っておくことは、起業後に上場を目指す時に役に立ちます

外資系金融会社

実力主義でハードワークなので大きく成長できるでしょう。

起業後も外資系金融出身だと信用の面でプラスに働きます。
自分で起業せずにCFOのポジションを狙うのもありです。

2.上場前のベンチャー企業

上場前のベンチャー企業で1人1人の裁量が大きい規模感の会社なら一気に成長できます。

また、上場を目指しているようなベンチャー企業では独立志向が強いメンバーも多いので、将来起業する時のパートナーを探すという意味でも価値があります。

今ではスタートアップと言ったほうがしっくり来るかもしれませんね。

3.起業家を多数輩出している会社

サイバーエージェント

グループ会社の社長ポジションを経験できる可能性があり、新卒社長もあり得ます

サイバーエージェント出身の起業家も多いです。

リクルート

起業家を日本一輩出している会社ではないでしょうか

仕事のやり方を徹底的に叩き込まれるので、リクルート出身の経営者は優秀な方が多く、しっかり結果を出しているイメージが強いです。

4.大企業

組織として完成された会社で働くのも悪くありません。

組織のあり方や仕組みを学ぶという意味ではベンチャー企業に入るよりも優位性があります

新しい事業にチャレンジするような風土があるとなお良いでしょう。

まとめ:将来起業したい人向けの就職先4選

僕は上場を目指しているベンチャー企業で大学4年生の秋からインターンを開始し、そのまま新卒で入社しました。

社員数は20名くらいの規模だったので裁量も大きく、担当領域も広いので、学ぶことは多かったです。

起業を目指していたり、実際に起業した同僚が多いので、
「自分にもできる!」
「負けてられない!」
という気持ちが芽生える
のも良い点でした。