厳選記事はコチラからどうぞ!

社会不適合者に向いてる仕事・適職11選|起業が向かない理由は?

社会不適合者に向いている仕事は何でしょうか?

必ず候補に上がるのが「起業」ですが、本当でしょうか?

僕は実際に起業した社会不適合者です。
結論から言って社会不適合者に起業は不向きです

起業して売上をあげるにはクライアントが必要です。
また、会社を拡大していくには従業員を雇用が必須になります。

人と関わる必要があるので起業にはコミュニケーション能力が欠かせません

圧倒的な技術やカリスマ性があればコミュ力がなくても人は付いてきますが、それは一部の人間だけです。

技術やカリスマ性がなくても結果(売上や利益)が出ていれば人は付いてきますが、コミュ力、技術、カリスマ性すべて持っていないのに結果が出ることはまずないでしょう。

際立った能力がない社会不適合者が起業しても苦しい現実が待っています

社会不適合者は死ぬしかないのか?

そんなことはありません。
社会不適合者で起業失敗の経験を持つ私が、本当に社会不適合者に向いている仕事を選定しました。本文で理由と共に公開していきます。

社会不適合者に向いてる仕事・適職11選

1.プログラマー

プログラマーはコミュ力が低くてもプログラミングができれば生きていけます

現場のプログラマーであれば、社内のコミュニケーション量も少なくて済みます。
IT企業はチャットツールで社内のコミュニケーションをしているケースがほとんどなので、会話をあまりしなくても成立する職業です。

与えられたタスクをこなしていればクビになることもなく、プログラマーのみの福利厚生を用意している企業も多かったりします。給与水準も他の職種と比べて上がっていきますし、求人がなくなることもありません

経験を積んだあとはフリーランスとして独立することも可能です。

2.デザイナー

プログラマー同様、技術があれば社会不適合者でもやっていける職種です。

プログラマーよりもセンスが求められますし、コミュニケーション量も多いでしょう。

1度技術を身につければフリーランスとして独立可能ですし、求人もたくさんあります

3.ライター

物書きです。文章を書いて対価をもらう職業ですが、取材が必要な場合はコミュニケーションが発生するので社会不適合者には不向きです。

WEBライターやブロガーであればメールやチャットなどテキストベースのコミュニケーションで仕事が完結するので適しているでしょう

4.フリーランス

個人事業主です。クライアントから対価をもらう場合はコミュニケーションが必要です。
プログラマー、デザイナー、ライターはランサーズやクラウドワークスなどで仕事を受け、家で仕事をするということも可能です。

5.職人

己の技術を極める職業です。
職人気質(しょくにんかたぎ)という言葉がありますが、頑固で無愛想なイメージがある職人は、コミュ力がなくても許される職業とも言えます。

6.芸術家

作品が評価されれば社会不適合者でもまったく問題ありません
ただし、限られた人しかなれない職業でもあります。

7.研究者

人ではなく研究対象と向き合う職業なので社会不適合者に向いている仕事です。

8.探偵

探偵の仕事のほとんどは浮気調査や身辺調査になります。
あまり人とコミュニケーションをする必要がない職業なので社会不適合者に向いている仕事と言えます。

9.専門職・資格職

医師などの専門職や資格職であればコミュ力が問題でクビになることはないでしょう。
技術や知識だけでなく、コミュケーション力や営業力が問われる職種も多いので注意が必要です。

10.動物に関わる職業

動物を相手にする職業は社会不適合者向きの仕事と言えるでしょう。
ただし、ペットショップ店員やトリマーなどの客商売は不向きです。

11.機械を扱う職業

トラックの運転手や整備士など機械を扱う仕事は社会不適合者の適職です。

まとめ

社会不適合者に向いている仕事は技術職であることがお分かりいただけたと思います。

中でもオススメしたいのがプログラマーです。
まずは就職して実務経験を積んだら独立することもできますし、自分でWEBサービスやアプリを開発して売上を立てたり、開発したサービスを売却することも夢ではありません。

未経験でも大丈夫
初心者でもプログラミングスクールで習得して就職ができる時代です。

特にやりたいことがないならプログラミングを学ぶと失敗がないです
僕が20代に戻れるなら間違いなくプログラマーの道を選びます。

オンライン個別指導No.1のプログラミングレッスンCodeCamp

CodeCamp(コードキャンプ)は、オンライン完結型のプログラミング学習サービスです。

プログラミング初心者が、仕事や学業と両立しながら最も効率よく、確実に学べる環境を提供しています。

経験豊富な現役エンジニア講師による個人レッスンが365日・世界中のどこでも受講できます

受講者数No1

CodeCamp(コードキャンプ)の受講者数は20,000人を突破し、業界No1です。

顧客満足度が高い

あなたに合わせたマンツーマン指導でオンラインプログラミングレッスンNo1※を達成。
満足度94.2%※のレッスンで確実に習得できる!

※日経トレンディ別冊調べ:調査日 2016年10月31日
※満足度:会員向け、レッスン評価アンケートの集計結果より(2018年1月-3月期)

CodeCamp(コードキャンプ)の特徴

CodeCampの特徴は以下になります。

  • プロから学ぶ、本格的なプログラミング。(講師は全て現役エンジニアが完全マンツーマンです。)
  • オンラインでのマンツーマン形式の講義。(通学の時間はコストです。その無駄コストを勉強時間に変換できます。)
  • 7時から24時まで好きな時間で受講可能。(忙しい人でも受講できる体制を整えております。
  • プログラミングだけではなく、Webデザインやiphone androidアプリコースもございます。

レッスンを無料体験できる

CodeCamp(コードキャンプ)のレッスンは無料体験できるんです。
自分に合うか合わないか、続けられそうかを確認してから受講するか判断できるので安心ですね。

レッスンの無料体験はコチラ

CodeCamp