厳選記事はコチラからどうぞ!

「退職すると言いにくい」と思っているあなたに伝えたい2つのこと

退職の意向を伝えるのって勇気がいりますよね。

僕は気が弱いので、退職を伝える前日の夜はほとんど眠れませんでした。

退職の意向を伝えたときの上司や周りの反応が怖い。

転職がうまくいくか不安。

次の職場でやっていけるか心配。

退職を伝えるだけでこんなに不安で緊張していて自分って情けない。

きっと、あなたも同じ気持ちなのではないでしょうか。

そんなあなたに伝えたいことが2つだけあります。
たった2つのことを意識するだけで力が抜けて気持ちが楽になりました。

本文を読んだら、あまり緊張せず冷静に退職の意向を伝えられるはずです。

仕事を辞めるのは逃げじゃない

仕事を辞めるのは逃げではありません。

辞めたいと思っているのに
辞めづらいからとか
勇気がないとかで
今の職場に留まっている方がよっぽど逃げだと思います。

人間は変化を嫌うもの。
今の職場を辞めて新しい仕事に挑戦しようとしているあなたは勇気ある人だと思います。

退職すると言いづらい時に意識してほしい2つのこと

人生で2度目の退職を伝える前日の夜。
緊張と不安で僕はほとんど眠ることができませんでした。

そんな僕が3度目の退職を伝える前日は、いつも通り睡眠を取ることができたのです。

たった2つのことを意識するだけで力が抜けて気持ちが楽になりました

  1. 自分の人生は自分で決めるという強い意志
  2. 自分の替えはいくらでもいるという思考

自分の人生は自分で決めるという強い意志

仕事を辞めるか考える時は自己中になれ

仕事を辞めるという決断をする際に自分以外のことを考えてはいけません

職場の上司や同僚、親、家族、恋人など。
自分以外の人のことを考えてしまうと誤った判断をしてしまう可能性があります。

仕事を辞めるタイミング

仕事を辞めるタイミングはいつか?

あなたが仕事を辞めたいなと思った時が辞め時です。

まだ、辞めようかなくらいで迷っているなら、
次の質問に答えてみてください。

「1年後、2年後、3年後
あなたは今の仕事を続けていると思いますか?」

答えがNoなら、既に辞めるタイミングです

自分の人生を決めるのは自分

自分の人生を決められるのはあなただけです。

今のあなたは、今まであなたがしてきた決断の結果なのです。

今の自分の満足していますか?
他人の人生を歩んでいませんか?

人生には限りがあります。
時間は有限で過ぎた日々は返ってきません。

後悔のない人生を送るために自分の気持ちだけに正直になりましょう

自分の替えはいくらでもいるという思考

あなたがいなくても会社(組織)は回る

自分が抜けたら会社が回るか心配。

自分が辞めたら上司や同僚に迷惑が掛かる。

そんな風に考えていませんか?

意外とそんなことはありません。
あなたがいなくなっても会社(組織)はいつも通り機能します

個人でできることは限られています。
だからこそ組織があるわけです。

重要ポストが抜けてもなるようになる

2度目の退職時、僕の肩書は以下でした。

・取締役
・子会社の代表取締役

会社にとって重要な役割を担っているという自負があったので、辞めたあとの影響を考えたこともありました。

僕が辞めた後、会社はどうなったか?

親会社も子会社も問題なく回っています。

1人が辞める影響なんてそんなものなんです。

替えがきかないのは一部の人間だけ

替えがきかないのは一部の天才だけです。
スティーブ・ジョブズ、孫正義レベルの人間だけなのです。

残念ながら、ほとんどの人間の替えはいくらでもいます

だから自分が辞めた後のことなど考えなくて大丈夫です。

自分の人生をより良くするためにどうすべきだけにフォーカスしましょう

人生は楽しむためにある

  1. 自分の人生は自分で決めるという強い意志
  2. 自分の替えはいくらでもいるという思考

この2つを持っていれば退職の意志を伝える際に少し気持ちが楽になるはずです。

退職は新しい人生の始まりです。
自分の人生を変えられるのは自分だけ。

楽しい人生を送る第一歩を踏み出しましょう!

まだ仕事を辞めるか迷っているなら

自分の市場価値から可能性を探ってみるのもありです。

17万人の転職データからあなたの可能性がわかる

面接確約