厳選記事はコチラからどうぞ!

ベンチャーとは?ベンチャー企業とは何か?スタートアップとの違いや意味

ベンチャーへの就職やベンチャー企業の立ち上げに関わった私が、
ベンチャーベンチャー企業とは何かについてわかりやすく解説したいと思います。

ベンチャーとは

日本においてベンチャーとは「ベンチャー企業」のことを指します。

ベンチャーの意味

Venture(ベンチャー)はもともと「冒険、冒険的な企て」という意味があります。
これが転じて企業として新しい事業に挑戦することを言うようになりました。

新しい事業とは「革新的な技術を使った事業」や「今までにないビジネスモデル」のことです。このような事業をベンチャービジネスと言います
ベンチャービジネスは和製英語であり、英語では”startup(スタートアップ)”と呼ばれます。

ベンチャーと聞くと、ベンチャービジネスをするために新たに設立された企業だったり、
設立から数年以内の会社をイメージする方も多いと思いますが、
既存の企業が新しい事業にチャレンジすることも含みます

既存企業が新しい事業を立ち上げるにあたって、独立した部署を立ち上げることを社内ベンチャーと言います。

ベンチャー企業の意味

ベンチャー企業の明確な定義はありません。
新しい技術を使った事業を行ったり、新しいビジネスモデルを生み出す企業のことを指します。

結果として新しい市場ができあがったり、既存の市場のシェアが大きく変わったりすることがあります

現代で最も人類に大きな影響を与えた革新的な技術はインターネットでしょう。

インターネットが生まれてからのベンチャー企業は、
インターネットという新しいテクノロジー(技術)を使った今までにないサービスを展開したり、既存のビジネスモデルをインターネットを使った形に置き換えたりすることで業績を伸ばしています。

ちょっと分かりにくいと思うので、ベンチャーが上手くいった具体例を挙げていきます。

ベンチャー企業によって新しい市場ができた例

メルカリ:フリマアプリ
メルカリ以前の個人間売買と言えばヤフーオークションでした。

ヤフオクは月額費用が必要ですし、インターネットに詳しくない人にとっては出品のハードルが高いです。一般の方が個人にモノを売るというよりも、プロやセミプロが個人にモノを売るという感じでした。

一方メルカリは、スマホで写真を撮って少し説明文を入力するだけで簡単に出品ができます。売れたあとの商品発送も簡単にできる仕組みが用意されています。
これによって普通の主婦でも簡単にモノを売ることができるようになりました。

モノを所有するのではなく、シェアしたり、中古で購入したりすることが多くなってきた時代背景もあり、メルカリは爆発的に利用者を増やしていきました。

フリマアプリという新しい市場をつくったのです。
CtoC(個人対個人の取引)の裾野を広げて市場を拡大したとも言えます。

ベンチャー企業によって市場シェアが大きく変わった例

Amazon:インターネットショッピングなど
現在は幅広い商品が購入できますが、はじめに取り扱っていた商品は「本」でした。

Amazonが登場する前、本を買うには本屋に行く必要がありました。
今ではネット通販で本を購入するのは当たり前になっていますし、電子書籍版を購入する人も多いでしょう。

Amazonの普及により、本の売上のネット通販が占める割合が大きくなり、市場シェアが変わったのです。また、電子書籍という新しい市場も生み出しました。

ベンチャーとスタートアップの違い

日本におけるベンチャーやベンチャー企業は設立間もない会社の総称として使われているのが実態です。
事業に革新性や成長性ががあるかないかに関わらず、ベンチャー企業と言われています。

では、スタートアップとはどういう意味でしょうか?

スタートアップは、「新しいビジネスモデルを生み出し、短期間で急激に成長する企業体」です。投資家からお金を調達し、エグジットを目指します

昨今では日本でのベンチャー投資も活発になってきており、
スタートアップと呼ばれる会社も増えてきました。

スタートアップには世の中を変えるようなイノベーションが求められますが、
それくらいインパクトのある事業を行っている日本のスタートアップは少ないでしょう。

スタートアップ企業とは?ベンチャーとの違いや日本の事例を解説する。

ベンチャーと中小企業の違い

中小企業とは、会社の規模(資本金と従業員数)によって明確に定義されています。
業種によって基準が異なります。

中小企業者の定義

業種分類 中小企業基本法の定義
製造業その他 資本金の額又は出資の総額が3億円以下の会社又は
常時使用する従業員の数が300人以下の会社及び個人
卸売業 資本金の額又は出資の総額が1億円以下の会社又は
常時使用する従業員の数が100人以下の会社及び個人
小売業 資本金の額又は出資の総額が5千万円以下の会社又は
常時使用する従業員の数が50人以下の会社及び個人
サービス業 資本金の額又は出資の総額が5千万円以下の会社又は
常時使用する従業員の数が100人以下の会社及び個人

出典:中小企業庁:「中小企業・小規模企業者の定義」

この条件に合致した場合は、ベンチャーだろうとスタートアップだろうと中小企業ということになります。

まとめ:ベンチャーとは?

日本におけるベンチャー、ベンチャー企業の定義や使われ方は曖昧な部分があります。
最後に日本のベンチャー企業の基準を挙げておきます。

  • 設立10年未満
  • 外部資本を入れている
  • 事業に新規性がある
  • エグジットを目指している

あくまで目安ですが、参考になれば幸いです。

ベンチャー企業に就職するなら

ベンチャー企業の求人で最も多い職種はプログラマーです。

プログラミングを学んでおいて損することは絶対にありません。
特に職種や就職先にこだわりがないならプログラマーになることをオススメします。

プログラミングはプロに教えてもらうと上達が早いです。
未経験でも文系でも誰でも習得できるのがプログラミングです。

スクールだと通うのが面倒だったり、家の近くに教室がない場合もありますが、オンラインレッスンなら場所に関係なくレッスンを受けることができます

オンライン個別指導No.1のプログラミングレッスンCodeCamp

CodeCamp(コードキャンプ)は、オンライン完結型のプログラミング学習サービスです。

プログラミング初心者が、仕事や学業と両立しながら最も効率よく、確実に学べる環境を提供しています。

経験豊富な現役エンジニア講師による個人レッスンが365日・世界中のどこでも受講できます

受講者数No1

CodeCamp(コードキャンプ)の受講者数は20,000人を突破し、業界No1です。

顧客満足度が高い

あなたに合わせたマンツーマン指導でオンラインプログラミングレッスンNo1※を達成。
満足度94.2%※のレッスンで確実に習得できる!

※日経トレンディ別冊調べ:調査日 2016年10月31日
※満足度:会員向け、レッスン評価アンケートの集計結果より(2018年1月-3月期)

CodeCamp(コードキャンプ)の特徴

CodeCampの特徴は以下になります。

  • プロから学ぶ、本格的なプログラミング。(講師は全て現役エンジニアが完全マンツーマンです。)
  • オンラインでのマンツーマン形式の講義。(通学の時間はコストです。その無駄コストを勉強時間に変換できます。)
  • 7時から24時まで好きな時間で受講可能。(忙しい人でも受講できる体制を整えております。
  • プログラミングだけではなく、Webデザインやiphone androidアプリコースもございます。

レッスンを無料体験できる

CodeCamp(コードキャンプ)のレッスンは無料体験できるんです。
自分に合うか合わないか、続けられそうかを確認してから受講するか判断できるので安心ですね。

レッスンの無料体験はコチラ

CodeCamp