厳選記事はコチラからどうぞ!

【チャンピオンズカップ2018予想】傾向・過去データ・血統・穴馬

先週のジャパンカップは、アーモンドアイが驚愕のレコードで勝利。

勝つとは思いましたが、世界レコードを出すとは…

馬券は一応的中しました。
» 参考:【ジャパンカップ2018予想・穴馬】過去10年のデータ・傾向から分析

今週は、以前ジャパンカップダートの名称で実施されていたチャンピオンズカップが開催されます。

過去の傾向・データ・血統から本命馬と穴馬を導き出したいと思います。

注意
借金を競馬で一気に返済しようとして、無理をしていませんか?

ギャンブルで作った借金をギャンブルで返そうとする発想は非常に危険です。

取り返しが付かなくなる前に、専門の弁護士に依頼して借金を0にしましょう。

債務整理をすると借金がゼロになるだけでなく、払い過ぎた利息が戻ってくる可能性があります。

過払い金がないかだけでも確認してみましょう。

汐留パートナーズ法律事務所なら、全国対応で相談は無料です。

毎月の返済に苦しむのはもう終わりにしましょう。

チャンピオンズカップの出走予定馬・登録馬・騎手想定

馬名 性齢 想定騎手
アスカノロマン 牡7 太宰
アポロケンタッキー 牡6 小牧
アンジュデジール 牝4
横山典
インカンテーション 牡8
三浦
ウェスタールンド セ6 藤岡佑
オメガパフューム 牡3 C.デムーロ
ケイティブレイブ 牡5 福永
サンライズソア 牡4 J.モレイラ
サンライズノヴァ 牡4 戸崎
センチュリオン 牡6 吉田隼
ノンコノユメ セ6 内田博
[外]パヴェル 牡4 M.グティエ
ヒラボクラターシュ 牡3 四位
ミツバ 牡6 松山
ルヴァンスレーヴ 牡3 M.デムーロ

チャンピオンズカップの枠順

※2018年11月30日追記
チャンピオンズカップの枠順が確定しました。

番号 馬名 性齢・騎手
1 1 アンジュデジール 牝4 横山典
2 2 ルヴァンスレーヴ 牡3 M.デムーロ
3 3 [外]パヴェル 牡4 M.グティエ
3 4 アポロケンタッキー 牡6 小牧
3 5 ノンコノユメ セ6 内田博
4 6 アスカノロマン 牡7 太宰
4 7 サンライズノヴァ 牡4 戸崎
5 8 ケイティブレイブ 牡5 福永
5 9 サンライズソア 牡4 J.モレイラ
6 10 センチュリオン 牡6 吉田隼
6 11 オメガパフューム 牡3 C.デムーロ
7 12 ウェスタールンド セ6 藤岡佑
7 13 ミツバ 牡6 松山
8 14 ヒラボクラターシュ 牡3 四位
8 15 インカンテーション 牡8 三浦

チャンピオンズカップの歴代優勝馬・騎手

開催年 優勝馬 性齢 優勝騎手
2017 ゴールドドリーム 牡4 R.ムーア
2016 サウンドトゥルー セ6 大野
2015 サンビスタ 牝6 M.デムーロ
2014 ホッコータルマエ 牡5

ジャパンカップダートからチャンピオンズカップに名称が変わり、中京競馬場で開催されるようになってから、今年で5回目。

日本人と外人ジョッキーが交互に勝利しています。今年は順番的には日本人騎手の番ですが、どうなるでしょうか?

チャンピオンズカップの過去配当・払い戻し

開催年 単勝 馬連 馬単 3連複 3連単
2017 1,300円 4,140円 9,400円 27,350円 158,490円
2016 1,590円 1,390円 4,800円 11,180円 85,980円
2015 6,640円 11,040円 36,260円 27,320円 318,430円
2014 590円 5,470円 9,020円 11,730円 70,890円

1番人気の勝利がなく、中穴、大穴の馬が食い込んでくるため波乱傾向です。

チャンピオンズカップの過去データ

性別データ

性別 着順
牡・セン 3-4-4-48
1-0-0-2

牝馬の出走は少ないです。サンビスタが2度出走し、1着・4着。コーリンベリーは1回出走して13着でした。

サンビスタは1700〜2000mで実績があり、牝馬相手では馬券を外さず、牡馬相手のオープン戦でも連対実績がありました。(タイム差は0.1)

今年出走予定の牝馬アンジュデジールは牡馬相手のエルムSでは0.8差の5着。牝馬相手にも馬券外になっています。

ただし、ダートになってから掲示板を外したことがなく堅実な走りを見せています。

相手なりに走る可能性もあり、紐として抑えておくのはアリだと思います。

年齢データ

馬齢 着順
3歳 0-1-0-5
4歳 1-0-0-15
5歳 1-2-2-7
6歳 2-1-1-7
7歳以上 0-0-1-10

5,6歳が強いレースです。

枠順データ

枠番 着順 勝率 連対率 複勝率
1枠 0-1-2-4 0% 14.2% 42.8%
2枠 1-2-0-5 12.5% 37.5% 37.5%
3枠 0-0-1-7 0% 0% 12.5%
4枠 1-0-0-7 12.5% 12.5% 12.5%
5枠 2-0-0-6 25% 25%  25%
6枠 0-0-1-7 0% 0% 12.5%
7枠  0-1-0-7  0% 12.5%  12.5%
8枠 0-0-0-7  0% 0%  0%

4回分のデータしかありませんが、外枠よりも内枠や中枠が良い傾向があります。

前走・ローテーション

前走レース 着順
JBCクラシック 2-1-1-16
JBCレディースクラシック 1-0-0-1
マイルCS南部杯 1-0-0-1
武蔵野S 0-1-0-11
みやこS 0-2-1-14
浦和記念 0-0-0-0
白山大賞典 0-0-0-0
福島民友C 0-0-0-1
霜月S 0-0-0-0
1600万下 0-0-0-0

勝ち馬は前走G1から出ています。

今年はJBCが京都で開催したため、みやこSが休止。その影響か、これまでにないローテーションの馬が参戦しています。

借金をゼロにしよう
競馬で返済をしようとするのは無理があります。

借金問題のプロに依頼し、返済の苦しみから解放されましょう。

汐留パートナーズ法律事務所なら、全国対応で相談は無料です。

チャンピオンズカップの傾向

前走:JBCクラシック

馬券になった4頭のうち3頭はJBCクラシック3着以内。

4着から馬券になったホッコータルマエは、JBCクラシックがドバイワールドCからの休み明け初戦でした。G1を6勝していた実績馬のため度外視していいでしょう。

JBCクラシック掲示板外からの馬券内食い込みはありません。

JBCクラシック3着内で馬券を外した馬は8頭います。うち4頭には以下の条件に該当しない馬でした。
「JRAダ1800m以上の重賞勝ち」
「中京ダ1800mのOPレース勝利」

残り4頭のうち3頭は、その年国内のレースで「2秒差以上の負け」or「8着以下の大敗」がありました。

もう1頭は、「その年のレースで上がり最速」がありませんでした。

2018年のJBCクラシック組は馬券になる?

オメガパフュームは馬券外になる条件に該当しないので買い目に入れましょう。

ケイティブレイブは京都で開催されたJBCクラシックを制覇し、昨年のチャンピオンズカップでは0.3差の3着と馬券内は固そうに思えます。

しかし、今年のフェブラリーSで1.7差の11着と大敗しているのは少し気になります。軸にはしたくありません。

サンライズソアは今年のレースで上がり最速がありません。

ノンコノユメは、マイルCS南部杯で1.4差の大敗があり、脚質的にも軸には不向きです。

JBCクラシック組から軸を選ぶならオメガパフュームを推奨します。

前走:マイルCS南部杯

馬券になったゴールドドリームは「マイルCS南部杯で上がり最速」かつ「その年マイルCS南部杯以外のG1勝ち」がありました。

2018年のマイルCS南部杯組は馬券になる?

今年出走予定のルヴァンスレーヴは条件を満たしています。

ゴールドドリームは調教後に歩様の乱れがあり回避。次走は回復次第ですが、東京大賞典を視野に入れています。

ルヴァンスレーヴは馬券になる可能性が高そうです。

前走:武蔵野S

馬券になったのは2015年のノンコノユメのみ。

当時「全レース上がり最速かつ4連勝中」で勢いがありました。

世代限定重賞のジャパンダートダービーとユニコーンSに勝利しており、武蔵野Sも古馬相手に上がり最速で勝利しています。

武蔵野Sで上がり最速で参戦してきた馬は他にもカフジテイクとワイドバッハがいますが、4着、6着とそこそこ好走しています。

武蔵野Sで上がり最速馬は狙い目になります。

2018年の武蔵野S組は馬券になる?

サンライズノヴァは5戦連続上がり最速で3連勝中。

今年のフェブラリーSで4着していますし、馬券内に来る可能性は十分でしょう。

インカンテーション、ウェスタールンドは勢いがある馬ではないので厳しいと思います。

武蔵野S組からはサンライズノヴァを推奨します。

リピーターは多い?

複数回馬券になったのはサウンドトゥルーのみ。次の3つの条件をすべて満たしていました。

「中京ダ1800m複勝率100%」
「その年の掲示板外なし」
「その年のレースで上がり3ハロン3位以内率100%」

前年チャンピオンズカップで馬券外に敗れていて、翌年馬券になった馬は3頭います。以下のいずれかの条件に該当していました。

「その年の下半期オール馬券内かつタイム差0.1以内」
「その年のフェブラリーSを上がり3ハロン3以内で勝利」
「前年のチャンピオンズカップで掲示板実績かつその年の下半期オール馬券内」

今年のリピーター候補は?

ケイティブレイブとノンコノユメは条件を満たしています。

ケイティブレイブとノンコノユメは馬券内の可能性があります。

フェブラリーSとの関連性

その年のフェブラリーS出走馬がチャンピオンズカップで馬券になったのは5回。

フェブラリーS連対馬でチャンピオンズカップでも馬券になった馬は以下の条件を満たしていました。
「フェブラリーSで2番人気以内かつ上がり3ハロン3位以内で勝利or負けてもタイム差0.1以内」

フェブラリーS連対馬以外でチャンピオンズカップ馬券内の馬は以下のいずれかに該当します。
「フェブラリーS後にダ1800m以上の重賞で2連対以上(地方G2以上or中央G3以上の勝利を含む)」
「フェブラリーS後にG1を2勝以上」

フェブラリーSで馬券外だった場合はさらに以下の条件を満たします。
「近4走すべて3着内」

今年のフェブラリーS出走馬は馬券になる?

ノンコノユメはフェブラリーSで2番人気以内という条件だけ該当しませんでした。

インカンテーションは条件を満たしません。

サンライズノヴァは「近4走すべて3着内」ですが、ダ1800m以上の重賞実績がありません。

ケイティブレイブは条件を満たしています。

今年のフェブラリーS出走馬の中ではケイティブレイブ、ノンコノユメ、サンライズノヴァは馬券内の可能性がありそうです。

血統の傾向はある?

BS11競馬中継で得た情報ですが、チャンピオンズカップは天皇賞春とゆかりがある血統の馬が毎年馬券になっています。


■2014年
2着ナムラビクター
父のゼンノロブロイは天皇賞春2着あり

3着ローマンレジェンド
父スペシャルウィーク天皇賞春優勝


■2015年
1着サンビスタ
父スズカマンボ天皇賞春優勝

3着サウンドトゥルー
父フレンチデピュティ産駒のアドマイヤジュピタが天皇賞春勝利


■2016年
1着サウンドトゥルー
父フレンチデピュティ産駒のアドマイヤジュピタが天皇賞春勝利

2着アウォーディー
父ジャングルポケット天皇賞春連対


■2017年
1着ゴールドドリーム
母父フレンチデピュティ産駒のアドマイヤジュピタが天皇賞春勝利

血統からの注目馬は?

アンジュデジール、ケイティブレイブ、サンライズソア、センチュリオンに注目です。

外国馬は馬券になる?

過去4年で2頭参戦。

2014年のインペラティヴはアメリカの馬でG1馬券内が複数回ありましたが、15着と大敗。

2015年のガンピットは香港の馬。香港のダートレース3連勝で参戦しましたが、16着と大敗しています。

今年出走予定のパヴェルはアメリカの馬で今年G1勝ちと連対があります。

海外のダートと日本のダートは別物と考えると外国馬は軽視でいいでしょう。買うとしても紐ですね。

ギャンブルで借金は返せない
借金問題は専門家に任せてゼロにしましょう。そこからリスタートすればいいのです。

人生をやり直したいのであれば競馬で一発逆転を狙うのは終わりにしましょう。

汐留パートナーズ法律事務所なら、全国対応で相談は無料です。

チャンピオンズカップの穴馬

単勝オッズ15倍以上or8番人気以下で馬券になったのは6頭います。

穴を空けるのは以下の3パターンがあります。

「前年のチャンピオンズカップで掲示板実績かつその年の下半期オール馬券内」

サンビスタ、サウンドトゥルー


「フェブラリーS勝利実績」

ゴールドドリーム、コパノリッキー


「その年のフェブラリーS馬券内後にダ1800m以上の重賞で2連対以上(地方G2以上or中央G3以上の勝利を含む)」

アスカノロマン

今年該当する馬で人気がなさそうな馬はいません。
血統からアンジュデジール、センチュリオンが穴馬として面白そうです。

チャンピオンズカップのサイン

チャンピオンズカップのプレゼンター

JRAのCMキャラクター高畑充希です。

単独でプレゼンターを務めるのは2017年エリザベス女王、2018年皐月賞に続く3回目になります。

この2レースの共通点をあげてみましょう。

・3歳馬が勝利
・9番人気が2着
・5枠10番が3着

馬単は2レースとも万馬券。三連単は10万馬券オーバーで荒れる傾向があります。

3歳馬-9番人気-5枠or10番の三連単を遊びで買ってみてもいいかもしれません。

もう1点。サインというかオカルトですが、今年JRAで開催されたダートG1は前のダートG1レースで馬券になった枠と人気の馬が来ます。

最後のダートG1はJBCレディースクラシックで馬券になったのは2,8枠と1,5,6番人気です。

オカルトはもう1つあります。

今年下半期のG1は前回のG1レースで馬券になった騎手が1人以上来ます。(地方交流G1は除く)

前回のジャパンカップで馬券になったのは、C.ルメール、川田、M.デムーロです。

チャンピオンズカップにも騎乗予定なのはM.デムーロだけですので、ルヴァンスレーヴは軸に最適ではないでしょうか。

チャンピオンズカップの予想

過去3歳馬の勝利はありませんが、今年の3歳馬は通用すると見ています。

枠次第ですが、軸はルヴァンスレーヴかオメガパフュームでいこうと思います。

消去法で選ぶなら

今年はルメール騎手の活躍で存在感が薄いように思われる「M.デムーロ」騎手。

G1勝ちは大阪杯のみですが、2着4回3着3回あります。

2着時の着差はすべてハナ差〜アタマ差と勝ち切れていない印象です。

本来勝負強いジョッキーなので、ルメール騎乗のゴールドドリームが回避した今回はチャンスでしょう。

オメガパフュームは今年デビューでチャンピオンズカップが8戦目。

ルヴァンスレーヴは余裕を持ったローテーションで5戦目になります。

消去法で軸を選ぶならルヴァンスレーヴがいいでしょう。

枠順発表前の予想

◎ルヴァンスレーヴ
◯オメガパフューム
▲サンライズノヴァ
△ケイティブレイブ
△ノンコノユメ
✕サンライズノヴァ
✕アンジュデジール
✕センチュリオン

買い目

3連複1頭軸流し◎-◯,▲,△,✕

注意
借金を競馬で一気に返済しようとして、無理をしていませんか?

ギャンブルで作った借金をギャンブルで返そうとする発想は非常に危険です。

取り返しが付かなくなる前に、専門の弁護士に依頼して借金を0にしましょう。

債務整理をすると借金がゼロになるだけでなく、払い過ぎた利息が戻ってくる可能性があります。

過払い金がないかだけでも確認してみましょう。

汐留パートナーズ法律事務所なら、全国対応で相談は無料です。

毎月の返済に苦しむのはもう終わりにしましょう。