厳選記事はコチラからどうぞ!

【2018年夏フェス出演回数から見る】今勢いがあるロックバンド

今勢いのある若手ロックバンドはどのバンドでしょうか?
次にブレイクするバンドは何か?

主要な夏フェス出演回数ランキングの中から、活動期間が10年未満のバンドに絞ってランキングをつくりました
【2019年4月最新版】国内の主要フェス一覧【ロックフェス・音楽フェス】

【2018年夏フェス出演回数から見る】今勢いがあるロックバンド

1位:ヤバイTシャツ屋さん


出演回数:8回
活動期間:2012年 –
略称:ヤバT(ヤバティー)
2018年の夏フェス14のうち8のフェスに出演しています。(出演率57%

2016年11月2日アルバム「We love Tank-top」でメジャーデビューしました。

2位:go!go!vanillas


出演回数:7回
活動期間:2010年 –
略称:バニラズ
2018年の夏フェス14のうち7のフェスに出演しています。(出演率50%

メジャーデビューはアルバム「Magic Number」(発売:2014年11月5日)です。

同率2位:THE ORAL CIGARETTES


出演回数:7回
活動期間:2010年 –
略称:オーラル
2018年の夏フェス14のうち7のフェスに出演しています。(出演率50%

2014年7月16日、1stシングル「起死回生STORY」でメジャーデビューしました。

同率2位:ポルカドットスティングレイ


出演回数:7回
活動期間:2015年 –
略称:ポルカ
2018年の夏フェス14のうち7のフェスに出演しています。(出演率50%

2017年11月8日、1stフルアルバム「全知全能」でユニバーサルシグマからメジャーデビューしました。

5位:CHAI


出演回数:6回
活動期間:2012年 –
2018年の夏フェス14のうち6のフェスに出演しています。(出演率42%

2016年12月7日、1stEP「ほったらかシリーズ」を世界同時リリースし収録曲の『ぎゃらんぶー』がSpotify UKチャートTOP50にランクインを果たします。ほとんどノープロモーションにも関わらず最高位は36位でした。

同率5位:MAN WITH A MISSION


出演回数:6回
活動期間:2010年 –
略称:マンウィズ、MWAM
2018年の夏フェス14のうち6のフェスに出演しています。(出演率42%

今年出演の夏フェスのほとんどでメインステージのトリを務めるマンウィズ。
まだ活動から10年経ってないのは驚きですね。

2011年6月8日、CROWN STONESより、フルアルバム「MAN WITH A MISSION」でメジャーデビューしています。
MAN WITH A MISSIONおすすめ曲ランキングTOP20

同率5位:sumika


出演回数:6回
活動期間:2013年 –
2018年の夏フェス14のうち6のフェスに出演しています。(出演率42%

まだメジャーデビューしていないようですが、2018年4月25日リリースの6thシングル「Fiction e.p.」はオリコン3位になるなど、今勢いがあるバンドです。

同率5位:yonige


出演回数:6回
活動期間:2013年 –
2018年の夏フェス14のうち6のフェスに出演しています。(出演率42%

2017年9月20日、アルバム「girls like girls」でメジャーデビューしたガールズバンドです。

同率5位:あいみょん


出演回数:6回
活動期間:2014年 –
2018年の夏フェス14のうち6のフェスに出演しています。(出演率42%

2016年11月30日シングル「生きていたんだよな」でメジャーデビューしたシンガーソングライターです。

同率5位:キュウソネコカミ


出演回数:6回
活動期間:2010年 –
略称:キュウソ
2018年の夏フェス14のうち6のフェスに出演しています。(出演率42%

2015年7月22日、シングル「MEGA SHAKE IT!/ハッピーポンコツ」でメジャーデビューしました。フェスに欠かせないバンドでしょう。
キュウソネコカミおすすめ人気曲ベスト15!フェス前に予習しよう!

同率5位:フレデリック


出演回数:6回
活動期間:2009年 –
2018年の夏フェス14のうち6のフェスに出演しています。(出演率42%

2014年9月24日、ミニアルバム『oddloop』でA-Sketchからメジャーデビューしました。

同率12位:04 Limited Sazabys


出演回数:5回
活動期間:2009年 –
略称:フォーリミ、04LS
2018年の夏フェス14のうち5のフェスに出演しています。(出演率35%

2015年4月1日にアルバム『CAVU』でメジャーデビューしました。

同率12位:Creepy Nuts(R-指定&DJ松永)


出演回数:5回
活動期間:2013年 –
2018年の夏フェス14のうち5のフェスに出演しています。(出演率35%

2017年11月8日、シングル「高校デビュー、大学デビュー、全部失敗したけどメジャーデビュー。」でメジャーデビューしたHIP HOPユニットです。

同率12位:Dizzy Sunfist


出演回数:5回
活動期間:2008年 –
略称:ディジー
2018年の夏フェス14のうち5のフェスに出演しています。(出演率35%

インディーズながら、2018年01月24日に発売した2ndアルバム「DREAMS NEVER END」は、オリコン11位にランクインしていて勢いがあります。

同率12位:ENTH


出演回数:5回
活動期間:2010年 –
2018年の夏フェス14のうち5のフェスに出演しています。(出演率35%

名古屋発3ピースメロディックパンクバンドです。

同率12位:Nulbarich


出演回数:5回
活動期間:2016年 –
2018年の夏フェス14のうち5のフェスに出演しています。(出演率35%

2016年結成ながらランクインしてきました。
シンガーソングライターのJQ(Jeremy Quartus)をリーダーとして構成され、演奏形態に応じてメンバーを変える形式をとっています。

同率12位:Official髭男dism


出演回数:5回
活動期間:2012年 –
略称:ヒゲダン
2018年の夏フェス14のうち5のフェスに出演しています。(出演率35%

2018年4月11日、2ndシングル「ノーダウト」でポニーキャニオンからメジャーデビューしています。

同率12位:saucy dog


出演回数:5回
活動期間:2013年 –
2018年の夏フェス14のうち5のフェスに出演しています。(出演率35%

THE ORAL CIGARETTES、フレデリックなどを輩出した「MASH FIGT vol.5」グランプリ受賞しています。

同率12位:SIX LOUNGE


出演回数:5回
活動期間:2012年 –
2018年の夏フェス14のうち5のフェスに出演しています。(出演率35%

大分ロックンロールハイスクールのvol.6とvol.7でグランプリを獲得しています。
レーベルは”My Hair is Bad”が所属していた「THE NINTH APOLLO」です。

同率12位:teto


出演回数:5回
活動期間:2016年 –
2018年の夏フェス14のうち5のフェスに出演しています。(出演率35%

2016年結成ながら、スペースシャワーTVのパワープッシュになったり、バズリズム02に出演したりと、注目を集めています。

同率12位:パノラマパナマタウン


出演回数:5回
活動期間:2014年 –
略称:パノパナ
2018年の夏フェス14のうち5のフェスに出演しています。(出演率35%

2018年1月17日、ミニアルバム「PANORAMADDICTION」でメジャーデビューしています。

同率12位:ユアネス


出演回数:5回
活動期間:2014年 –
略称:パノパナ
2018年の夏フェス14のうち5のフェスに出演しています。(出演率35%

サカナクションやKANA-BOONら数多くのアーティストを擁する音楽プロダクション”HIP LAND MUSIC”に所属しています。

まとめ:今勢いがあるロックバンド

既にメインステージの常連になっているバンドもあります。
活動開始から10年以内という括りだと広すぎるかもしれないですね。

結成から5年前後のバンドが来年以降どうなっていくのか?
どのバンドがブレイクするのか?

今後も注目していきたいと思います。

ロックバンドを聴くならAppleMusicがおすすめ

音楽ストリーミングサービスの中でも邦ロックに強いのはAppleMusicです。
Apple Music 評判 Apple Musicの評判・口コミ・レビュー|手放せない理由