厳選記事はコチラからどうぞ!

【必聴!】サカナクションおすすめ曲ランキングTOP30

サカナクションファン歴6年
LIVEにも10回以上足を運び
音源だけでなく映像作品もすべて購入
ファンクラブは年会員というガチファン
そんな私がサカナクションのおすすめ曲をランキング形式で30曲ご紹介します!

LIVEやフェスでの定番曲から
ちょっとマニアックな曲まで
音源化されている曲すべてを対象に選定しました。

この30曲を聴き込んだらあなたはもう立派なサカナクションファン(通称:魚民)です!ボーカルの山口一郎さんから同じ種族と認めてもらえるでしょう(笑)

サカナクションおすすめ曲:21位〜30位

30位:仮面の街

収録:5thアルバムDocumentaLy、ベストアルバム魚図鑑DISC 2 中層
発表:2011年9月28日
中世ヨーロッパを連想させるようなイントロが印象的な曲です。
サビはボーカルの山口一郎さんは歌わず、ギターの岩寺基晴さん、ベースの草刈愛美さん、キーボードの岡崎英美さんが歌うというサカナクションではよくあるパターンになっています。

LIVEではなかなか披露しないので、僕はまだ一度も生で聴けていないです。
魚図鑑に収録されているので開催中のツアー「SAKANAQUARIUM2018 “魚図鑑ゼミナール”」で演奏するかもしれないですね!

29位:M

収録:6thアルバムsakanaction
発表:2013年3月13日
LIVEで2回くらい聴きましたが、軽快なリズムで踊りやすい曲です。
こちらもサビは一郎さんが歌わないパターンになっています。

なんでMという曲名になったか気になりませんか?

その由来は「SCHOOL OF LOCK!」で一郎さん本人が回答しています。

ヤット「7曲目の『M』は、どうしてこのタイトルになったのですか?」

山口先生「ガッカリするかもしれないけど・・・元々『M』ってタイトルでデモを作っていたんです。で、この曲は一番最後に歌詞を書いたんですよ。なんだけど、歌詞が出来ていない時にジャケットの印刷を出さなきゃいけなくなってしまって、タイトルだけ決めてほしいと言われて、デモの時のタイトルをそのまま使って、後から歌詞を書いたんです」

先にタイトルを決めて後から歌詞を書くことになったらしい…!
仮の『M』ってタイトルはどこから来たんでしょうか…?

山口先生「“MGMT”って洋楽の『M』です。 この曲はキーボードの岡崎と2人でデモを担当したんですが、その時岡崎にどんな曲調にしたいか聞いたら“MGMTみたいにしたい”って言ったので、そのまま『M』になったんです。
引用:SCHOOL OF LOCK!放送後記

LIVEでの演奏率は高くもなく低くもないという感じです。

28位:ドキュメント


収録:5thアルバムDocumentaLy、ベストアルバム魚図鑑DISC 2 中層
発表:2011年9月28日
暗〜い感じの曲だがカッコいい
残念ながらLIVEでは聴いたことがないです。あまり演奏しないレア曲なのです。

MVの結末が2パターンあります。通常パターンはYoutubeでも公開されているもの。
もう1つは「SAKANARCHIVE2007-2011」のBlue-ray版にだけ収録されているパターンです。かなり衝撃的な結末になっていますよ。

ナタリーのインタビューでドキュメントの制作秘話が明かされています。
気になる方はそちらもご覧ください。
参考 山口一郎「DocumentaLy」のすべてを語る音楽ナタリー 特集・インタビュー

27位:ルーキー


収録:4thシングル、5thアルバムDocumentaLy、ベストアルバム魚図鑑DISC 1 浅瀬
発表:2011年3月16日
LIVEやフェスでの定番曲で演奏率が高いです。

LIVEではイントロ開始と同時に緑色のレーザー光線が放たれます。
レーザーを下から見上げると、そこには雲が流れていて感動します。

是非LIVEで体感してもらいたい曲です。

26位:アドベンチャー

収録:3rdアルバムシンシロ、ベストアルバム魚図鑑DISC 1 浅瀬
発表:2009年1月21日
数年前まではLIVEやフェスでの定番の曲でした。イントロのリフが印象的です。
ファンの間ではおなじみの曲なので僕はシングル曲と勘違いしていたくらいです(笑)

個人的にはルーキーと少し被るので、ルーキーが気に入った方は好きかもしれません。
元々は、シンシロの先行シングルとしてリリース予定だったという経緯もあるのでシングルでもおかしくない曲になっています。

最近の演奏率は高くもなく低くもないという感じです。

25位:表参道26時

収録:4thアルバムkikUUiki、ベストアルバム魚図鑑DISC 1 浅瀬
発表:2010年3月17日
サカナクションの楽曲の中ではロック調の強い曲です。
イントロのギターリフがカッコいいですね。
LIVEではAメロで一郎さんがちょっとしたフリをします。これもカッコいいです。

そしてこの曲もサビは一郎さんが歌いません(笑)
サカナクションのコーラスメンバーは皆、歌が上手いのでこれが成立しています。

最後歌詞に書いてないけど、なんて言ってるの?
と思うかもしれません。

「246左折そう聞こえた 246左折」と歌っています(笑)
※246は東京都千代田区から神奈川県県央地域を経由して静岡県沼津市に至る国道です。

LIVEでの演奏率は低めです。

24位:三日月サンセット


収録:1stアルバムGO TO THE FUTURE、ベストアルバム魚図鑑DISC 2 中層
発表:2007年5月9日
サカナクションのデビューアルバム「GO TO THE FUTURE」の1曲目を飾る曲です。
この曲はサカナクションの前身バンド「ダッチマン」の時代からある楽曲になります。

ダンスミュージックとロックが融合されていてバンドの方向性を示した意欲作です。
現在、ライブで演奏されることは多くないですが、メンバーやファンにとって大切な曲になっています。

最近の演奏率は高くもなく低くもないという感じです。

23位:ナイトフィッシングイズグッド


収録:2nd配信限定シングル、2ndアルバムNIGHT FISHING、ベストアルバム魚図鑑DISC 1 浅瀬
発表:2007年12月26日
一郎さんには昔からいつかミュージカル的な、クラシック的な曲をやりたいという気持ちがあったそうです。その気持ちを形にしたのがナイトフィッシングイズグッドです。

今ではサカナクションの武器となった合唱も取り入れています
LIVEでやることは多くありませんが、名曲として挙げるファンも多いです。

制作秘話の記事も残っていますので気になる方はチェックしてみてください。
参考 サカナクション 山口一郎『NIGHT FISHING』全曲解説!インタビューHMV&BOOKS online NEWS

23位:フクロウ

収録:1stアルバムGO TO THE FUTURE、ベストアルバム魚図鑑DISC 3 深海
発表:2007年5月9日
ギターのコード進行が切なくてカッコイイ曲です。
今となってはあまりLIVEでやらないレア曲ですね。僕は残念ながら一度も生で聴けてません。

ファンの間でも人気が高い曲です。
この曲が誕生した経緯はSCHOOL OF LOCK!で一郎さんが明かしています。

歌詞をアドリブで作ったんですね。生まれてきたコードに適当に歌ったのが、そのまま歌詞になっています。僕は、無意識で作った曲が、自分の好きな……良い曲になる事が多いので、この曲には思い入れがあります。
引用:サカナLOCKS! 2012.12.10 月曜日

21位:ワード


収録:1st配信限定シングル、2ndアルバムNIGHT FISHING、ベストアルバム魚図鑑DISC 2 中層
発表:2007年12月5日
サカナクションらしい楽曲だと思います。
ちょっと切なくてカッコいい。夜に聴きたい曲です。

LIVEで演奏することは少ないです。
ワードの制作秘話の記事も貼っておきますので気になった方はどうぞ!
参考 サカナクション 山口一郎『NIGHT FISHING』全曲解説!インタビューHMV&BOOKS online NEWS

サカナクションおすすめ曲:11位〜20位

20位:僕と花


収録:6thシングル、6thアルバムsakanaction、ベストアルバム魚図鑑DISC 1 浅瀬
発表:2012年5月30日
初めてサカナクションがドラマ用に曲を書き下ろしたのが「僕と花」です。
フジテレビ系ドラマ『37歳で医者になった僕〜研修医純情物語〜』の主題歌でした。

シングル曲なのですが、LIVEでやることはほとんどありません
シングルの中で一番演奏率が低い曲だと思います。

「僕の目 ひとつあげましょう だからあなたの目をください」
という冒頭の歌詞もすごいインパクトですよね。
この歌詞の意味は週刊アスキーの記事で一郎さんが解説しています。
参考 “新しい視点をひとつ増やすため” サカナクション山口一郎氏 インタビュー週刊アスキー

19位:『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』


収録:5thシングル、5thアルバムDocumentaLy、ベストアルバム魚図鑑DISC 1 浅瀬
発表:2011年7月20日
まずタイトルにインパクトがありますよね。
LIVEではMVで出てくる人形と一緒に一郎さんが踊るときもあります。
めっちゃ重くて大変みたいです(笑)

MVには女優の麻生久美子さんが出演していますが、一郎さんがファンみたいですね。
聴いていると体が勝手に動き出すような、とにかく踊れる曲です。
最近LIVEでの演奏率はあまり高くないです。

18位:INORI


収録:6thアルバムsakanaction
発表:2013年3月13日
サカナクションといえばインスト曲です。
※インストゥルメンタルの略。 歌のない、楽器だけで演奏された曲

アルバムに必ずインスト曲が入っていますし、LIVEでもインスト曲を必ず披露します。
LIVEでのインスト曲はほとんど音源化されることはないので貴重です。
しかもカッコいい。インストタイムのときは会場がクラブなんじゃないかと錯覚するほどです。
まあ僕はクラブに行ったことないんですが(笑)

そんなインスト曲の中で珍しくMVも制作されていて僕が好きな曲がINORIです。

「サカナクションのインスト曲で好きなのどれ?」

と聞かれて、曲名を答えられるようになったらかなりのサカナファンだと思います(笑)

残念ながら今後LIVEで演奏する確率は非常に低いと思います。

17位:Ame(B)-SAKANATRIBE×ATM version-

収録:10thシングルsakanaction、コンピレーションアルバム懐かしい月は新しい月 〜Coupling & Remix works〜
発表:2014年10月29日
こちらもインスト曲になります。
3rdアルバムシンシロに収録されているAme(B)という曲をアレンジしたものです。

僕はLIVEでこの曲を初めて聴いたときに鳥肌が立ちました
なんてカッコいいんだと・・・

途中の合唱フレーズは「moon」→「SORATO」という楽曲に変化していってます。

基本的にインスト曲はLIVEで何度も演奏することは稀です。

16位:目が明く藍色


収録:4thアルバムkikUUiki、ベストアルバム魚図鑑DISC 2 中層
発表:2010年3月17日
一郎さんが一番好きな曲として挙げるのが目が明く藍色です。
10周年記念LIVEの企画で実施したファンクラブ会員が選んだ(1人3曲の投票結果を集計した)サカナクションの名曲ランキングトップ40では、1位に選ばれています。

この曲を知らずしてサカナファンとは言えません!

LIVEで披露することは多くありませんが、
目が明く藍色のイントロが流れたら
ファンは「キターーー!!!」
となります(笑)

タイトルの由来について一郎さんは以下のように答えています。

目が明く藍色”っていう言葉は、僕が10代のときに夢に出てきた言葉なんです。目の前に知らない女の人が立っていて、僕に「目が明く藍色、目が明く藍色」って言ってきたんですよ。それを僕は枕元でメモって書いてあったんですよね。その言葉がタイトルになっています。
引用:サカナLOCKS! 2012.12.10 月曜日

構想から9年を経て完成した楽曲の制作秘話は以下の記事をご覧ください。
参考 サカナクション 『kikUUiki』 インタビュー音楽情報サイト:hotexpress

曲の6分12秒あたりで一郎さんが何か叫んでいます。
これは他のメンバーに「ここぉ!!」と指示した声がそのまま残っているみたいです(笑)

15位:アイデンティティ


収録:3rdシングル、5thアルバムDocumentaLy、ベストアルバム魚図鑑DISC 1 浅瀬
発表:2010年8月4日
この曲はあまりサカナクションを知らない方でもご存知ではないでしょうか?

LIVEやフェスで必ず演奏すると言っていいくらいの定番の曲です。

僕も生で10数回聴いていると思いますが、毎度テンションが上っています(笑)
100%盛り上がる曲ですね。

制作秘話のリンクも置いておきます。
参考 サカナクション シングル『アイデンティティ』 インタビュー音楽情報サイト:hotexpress

14位:アルクアラウンド


収録:2ndシングル、4thアルバムkikUUiki、ベストアルバム魚図鑑DISC 1 浅瀬
発表:2010年1月13日
アルクアラウンドもアイデンティティと同様に有名な曲です。
最近は100%演奏する感じではなくなってきていますが、やはり盛り上がる曲です。

Bメロでは観客全員でクラップします。
たまにリズムがズレている人がいますが、にわかファンとすぐ分かるので気をつけましょう(笑)

MVは数々の賞を受賞している素晴らしい作品になっていますので是非ご覧ください。

制作秘話は以下の記事になります。
参考 サカナクション インタビュー音楽情報サイト:hotexpress

13位:Aoi

収録:6thアルバムsakanaction、ベストアルバム魚図鑑DISC 1 浅瀬
発表:2013年3月13日
2013年度NHKサッカーテーマ曲でした。
AoiもLIVEやフェスの定番曲です。
サビ以外一郎さんが歌わないという新しいパターンです。

「手を挙げろ!」と一郎さんが観客を煽り始まるこの曲も盛り上がること間違いなしです。
サビでは縦ノリなので後半かなりしんどいです(笑)

最近はアルクアラウンドよりも演奏率が高くなっていますね。
制作秘話はサッカーキングの記事が詳しいです。
参考 【特別インタビュー】サカナクションが奏でるサッカー、青き絶高の世代サッカーキング

12位:新宝島


収録:11thシングル、ベストアルバム魚図鑑DISC 1 浅瀬
発表:2015年9月30日
映画『バクマン。』の映画音楽として制作された楽曲です。
最近、SpotifyのCMにも使われていましたし、他でも耳にすることが多いですね。

LIVEやフェスで超定番曲になっているので最近の演奏率は100%だと思います

LIVEで「新宝島」の文字が浮かび上がる照明は圧巻です。
新宝島も盛り上がること必至の曲ですね。

ボーカルの山口一郎さんとバクマンの「大根仁」監督の対談記事で制作秘話が語られています。
参考 映画「バクマン。」特集 山口一郎(サカナクション)×大根仁対談 (1/3) 音楽ナタリー 特集・インタビュー

11位:陽炎 -movie version-


収録:ベストアルバム魚図鑑DISC 1 浅瀬
発表:2018年3月28日
映画「曇天に笑う」の主題歌として制作された陽炎はサカナクションの最新曲です。
※2018年7月7日現在

新宝島以降80年代くらいの楽曲を意識した曲が多いですが、陽炎もそうです。
ダサかっこいいって感じですね。

音源リリース前からライブツアーでは披露されていました。
こぶしを使った歌い方をするので一部では和田アキ子っぽいと言われてたようです(笑)
一郎さん歌終わりのMCで「絶対売れないと思ったろ?笑」と発言してました(笑)

最近のLIVEやフェスではほぼ100%演奏していると思います。
今後も定番ソングとして定着するかは何とも言えません。
個人的には好きな曲なのでやってほしいなと思っています。

本広克行が監督との対談で制作秘話を明かしています。
参考 「曇天に笑う」山口一郎(サカナクション)×本広克行対談 (1/2) - 相思相愛の関係から誕生した主題歌「陽炎」&オープニング映像秘話音楽ナタリー 特集・インタビュー

サカナクションおすすめ曲:6位〜10位

10位:ユリイカ


収録:9thシングル
発表:2014年1月15日
冬を感じさせる曲です。映画「ジャッジ!」のエンディング曲になっています。
めっちゃ盛り上がるタイプの曲ではありませんが、自然と体が動きます

LIVEで披露することはあまり多くないです。
MVもインパクトがあるので是非ご覧ください。

制作時の心境はサカナLOCKS!で語っています。
参考 グッドバイ/ユリイカ未来の鍵を握る学校 SCHOOL OF LOCK! サカナLOCKS!

9位:なんてったって春

収録:6thアルバムsakanaction、ベストアルバム魚図鑑DISC 2 中層
発表:2013年3月13日
ベースが超カッコいい曲です。
めっちゃ踊れると思うし僕は大好きな曲なのですが、
10周年のファン投票では圏外でした(泣)

LIVEでは一度しか聴いたことがないですし、今後も演奏することは少なそうです・・・
でもカッコいいので是非聴いていただきたいです!

8位:グッドバイ


収録:9thシングル
発表:2014年1月15日
この曲を最初に披露したのはリリース前のUstream配信だったと思います。
サカナクションの曲はスルメソングが多いのですが、グッドバイは一発で好きになりました。

一郎さんの当時の心情をそのまま歌にしたそうです。フクロウと同じ制作方法ですね。
シングル向きではない曲かもしれませんが、一郎さんの強い要望で両A面シングルとしてリリースされています。

個人的にはちょうど環境が大きく変わるタイミングにリリースされたこともあり、思い入れの強い楽曲です。
LIVEでの演奏率は低くもなく高くもなくという感じです。

僕はやってくれたら「おー!!!」とテンションが上がるくらい好きな曲です。
歌詞も良いですね。

制作時の一郎さんの心情はサカナLOCKS!で語ってくれています。
参考 「グッドバイ」初オンエア!未来の鍵を握る学校 SCHOOL OF LOCK! サカナLOCKS!

7位:ボイル

収録:6thアルバムsakanaction、ベストアルバム魚図鑑DISC 2 中層
発表:2013年3月13日
2番のBメロを息継ぎなしで歌い、最後に息を吐く一郎さんが最高にカッコいい曲です。
LIVEで披露すると、Bメロあとに必ず拍手と歓声が沸き上がります。

ボイルというのは釣り用語みたいです。
歌詞が浮かんできた時の一郎さんの心情を釣り用語に例えて歌っている曲ですね。

LIVEでの演奏率は高くもなく低くもないという感じです。
10周年のファン投票では圏外だったのですが、決して人気が低い曲ではないと思うので、今後も是非LIVEで演奏してほしいです。

6位:エンドレス


収録:5thアルバムDocumentaLy、ベストアルバム魚図鑑DISC 2 中層
発表:2011年9月28日
5thアルバムDocumentaLyのリード曲で制作に8ヶ月かけて生み出した作品です。
10周年のファン投票では5位に選ばれるほど人気が高い曲です。

踊れる曲、盛り上がる曲だけでなく、フクロウ、グッドバイ、エンドレスのようなバラードの名曲も多数存在するのがサカナクションの魅力でもあります

LIVEでの演奏率は高くないですが、やらなくなることはないでしょう。
エンドレスが完成するまでの苦しみはナタリーのインタビューで語っています。
参考 山口一郎「DocumentaLy」のすべてを語る音楽ナタリー 特集・インタビュー

サカナクションおすすめ曲:1位〜5位

5位:さよならはエモーション


収録:10thシングル
発表:2014年10月29日
「東進2013全国統一高校生テスト 全国統一中学生テスト」篇のCMソングとして制作された楽曲です。CMで流れていたバージョンと音源としてリリースされたバージョンはかなりアレンジが違います。

CDとして発表されたバージョンはよりエモーショナルというか、切ない感じになっています。相当カッコいいと思います。
LIVEで盛り上がるというよりもじっくり聴きたい曲です。

LIVEでの演奏率は高くもなく低くもないという感じです。
制作秘話は以下の記事が詳しいです。
参考 サカナクション/さよならはエモーション/蓮の花ビクターエンタテインメント公式サイト

4位:ネイティブダンサー


収録:配信限定3rdシングル、3rdアルバムシンシロ、ベストアルバム魚図鑑DISC 2 中層
発表:2009年1月7日
タイトルからも分かる通りめっちゃ踊れる曲です。
縦ノリではなく勝手に体が動き出してしまう感じで心地よい楽曲になっています。
どこか切なさもありサカナクションらしい曲だなと思います。

最近はLIVEで披露することは少なくなってきていますが、やらなくなることはないでしょう。ファン投票でも10位にランクインしていて根強い人気があります。

TOWER RECORDS ONLINEのインタビューでこの曲について語られています。
参考 サカナクション(2)TOWER RECORDS ONLINE

3位:多分、風。


収録:12thシングル
発表:2016年10月19日
資生堂の化粧品ブランド『ANESSA』のCMソングとして使用された楽曲になります。
タイトルの通り、風を感じるような疾走感があります
シンセも印象的でめっちゃ踊れる楽しい曲です!

LIVEやフェスで定番になっているので演奏する可能性は高いので是非生で聴いてもらいたいです。MVでコム・デ・ギャルソンのジャケットを風になびかせながら歌っている一郎さんですが、LIVEで「多分、風。」を披露するときはそれを再現してくれます(笑)

ビクターの公式サイトで多分、風。について語られています。
参考 サカナクション | 12th Single「多分、風。」ビクターエンタテインメント

2位:夜の踊り子


収録:7thシングル、6thアルバムsakanaction、ベストアルバム魚図鑑DISC 1 浅瀬
発表:2012年8月29日
学校法人モード学園(東京・大阪・名古屋)2012年度CMソングだった夜の踊り子。
当時サカナクションを知らなかった僕はCMで聴いていて耳に残る曲だなと思っていました。

ある日ミュージックステーションを観ていたらサカナクションが出演していて、
夜の踊り子を披露していたんです。

「カッコいい・・・」

僕はすっかりハマり、速攻すべてのアルバムを借りに行きました。

そうなんです。
僕がサカナクションハマったきっかけの曲が夜の踊り子なのです。
初めて行ったワンマンライブでこの曲を聴いたときは無我夢中で踊り狂いました(笑)

LIVEやフェスで超定番曲なのでほぼ毎回披露してくれますが、
その度に踊り狂っています(笑)
何度聴いても確実にテンションを上げてくれる素晴らしい曲が夜の踊り子なのです。

制作秘話はこちらをご覧ください。
参考 サカナクション、7枚目のシングル「夜の踊り子」はモード学園のTVCMでお馴染みのあの曲! EMTG MUSIC

1位:ミュージック


収録:8thシングル、6thアルバムsakanaction、ベストアルバム魚図鑑DISC 1 浅瀬
発表:2013年1月23日
何度聴いても飽きることのない名曲
それがサカナクションのミュージックです。
最後に大サビが来るところは夜の踊り子と似ています。

フジテレビ系日曜9時『dinner』の主題歌でした。
ドラマではサビしか流れていなかったので最初の印象は正直微妙だったのですが、
フルバージョンを聴けば聴くほどハマっていく感じでしたね。

LIVEやフェスではほぼ100%演奏される超定番曲です。
そして100%盛り上がります

演奏率が高い曲でありながらファン投票で8位にランクインしていることからも
実質サカナクションのNo1ソングと言っても過言ではないと思います。

参考 サカナクション「sakanaction」インタビュー (1/6)音楽ナタリー 特集・インタビュー

まとめ:サカナクションおすすめ曲ランキングTOP30

今回のランキングは完全に僕の好みで順位を付けさせてもらいました。
定番の曲も多いので、30曲を聴いてからLIVEやフェスに行ったら必ず楽しめると思います。
是非、生サカナを体感してみてください!

今回紹介できなかった曲の中にもいい曲がたくさんあります
それはまた別の機会に紹介させていただくこととしましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました!

サカナクションの曲を聴くおすすめの方法

サカナクションの楽曲を聴く方法は、
・CDを買う
・CDを借りる
・YouTubeで聴く
・ストリーミングサービスで聴く
などがあります。

その中でも僕がおすすめしたいのは「Apple Music」です。
1度その便利さを知ったらもう手放せなくなります。

特にiPhoneユーザー、macユーザーなら加入しない理由はないぐらい便利です。
お試し期間の3ヶ月は無料で利用できますので是非試してみてください。

Apple Music 評判 Apple Musicの評判・口コミ・レビュー|手放せない理由