厳選記事はコチラからどうぞ!

スロットやめたい!助けて…無理なくパチスロを辞める方法とメリット

スロットをやめたい。でもきっかけがない。
パチスロをやめたいのにやめれない。

大丈夫。
やめたいと思っているあなたは救いようがあります。

パチンコやパチスロなど依存しているものを辞めるのは簡単ではありません。我慢や意思の力だけで辞めるのは無理があるのです。

だから仕組みに頼りましょう。
大学時代スロットにドハマリし、大学生活のほとんどをパチンコ屋で過ごした私。社会人になってからも仕事をサボってパチンコ屋に行くこともありました。クズですね…

そんな私でも無理なくスロットを辞められた方法があります。

パチンコ・パチスロが好きな人って賭け事全般が好きですよね?その傾向を利用した無理のないスロットの辞め方を本文で解説していきます。

スロットを辞める一般的な方法

仕事をしまくる

パチンコ・パチスロをやる理由として、お金が欲しいという動機があるでしょう。お金を増やしたいなら、本業の仕事で収入を増やすことに時間とエネルギーを使った方が遥かにいいです。

今スロットをやめて仕事に力を入れるのと、このままスロットを続けるのでは将来得られる収入や社会的地位に大きな差が出ます。スロットをやめるのは1日でも早い方が良いことは言うまでもありません。

「今の職場で頑張っても収入UPが見込めない…」という場合は、転職や仕事を変えることを検討すべきです。

ただ、かつての私のようにスロットにハマっている人間は仕事をサボってパチンコ屋に行ってしまいます。依存症だからです。仕事を頑張ろうと思ってやめれるのであれば苦労しません。

他の趣味を見つける

スロット以外に没頭できる趣味があれば辞めることは可能でしょう。

でも、それがないから困っているんですよね。趣味って見つけようと思って見つけるのは意外と難しいので、誰にでも適用できる方法ではないのです。

スロットをやめたいなら競馬をやるべし

大胆な提案をします。スロットをやめたいなら競馬を始めましょう。既にやっているならスロットに使っている時間を競馬に回して、本気で取り組んでください。

スロットをやめる方法として競馬が優れている理由を解説していきます。

ギャンブルの高揚感を味わえる

パチンコやパチスロをやる理由は何でしょうか?

単純にゲームとして楽しい、勝つか負けるかのヒリヒリした感覚を味わいたいなどがあると思います。

特に中毒性があるのは後者の方です。この感覚はギャンブルによってもたらされる高揚感と言ってもいいでしょう。

スロットをやる人はこの高揚感を欲しているので、ギャンブル全般が好きな場合が多いです。ならばその特性を利用しましょう。

競馬は100円でも大金が手に入る可能性があるので、高揚感を味わえます。パチスロで味わっている高揚感がいきなりなくなると中毒症状を起こし、気づけばパチンコ屋に行ってしまいます。だから、競馬で代替するのです。

競馬は土日しかやっていない

パチンコ・パチスロは年中無休です。負けて悔しいと次の日も行ける点が中毒になりやすい要因になっています。

競馬は土日しかやっていません。負けて悔しくても次の週末までできないのです。その間に冷静さを取り戻せるので、熱くなって連日大金を使ってしまうということが起きません。

厳密に言うと地方競馬は平日でもやっていますが、面白くないんですよね。

競馬はスポーツの側面もあります。スポーツは余程好きでない限り、最高峰の戦い以外観る気がしないですよね?それと同じで競馬も最高峰の中央競馬が面白いです。中央競馬は土日しか開催されていません。

平日は予想する

土日しかやっていないと平日やることがないと思うかもしれません。そこでパチンコ屋に行くのではなく、その時間とエネルギーを翌週の競馬予想に向けてください。

競馬は奥が深いので、本気でやると1レース予想するのに数時間掛かる場合もあります。血統の本を読んだり、競馬場やコースの特徴などを調べるのも面白いです。

パチンコ・スロットよりも奥が深い

血統やレースのデータ、過去のレース動画を観るなど、競馬の予想方法はいろいろあります。突き詰めていくと、パチンコ・スロットよりも遥かに奥が深いです。

競馬で走っているのは馬ですから、絶対的な本命馬が飛んだり、信じられない大穴が来たりします。それが競馬の難しさであり、面白さでもあるのです。

予算を決めてコントロールする

競馬は1週ごとに予算を設定し、それ以上は使わないというコントロールができます。

ネットで馬券が買えますので、競馬用の銀行口座を用意します。その口座には1週分の予算だけを入金するようにしましょう。

例えば毎週の予算を1万円に設定したなら、1万円だけを口座に入れておきます。そうすれば、予算以上にお金を使うことはありません。

ギャンブルで借金して破綻するということにならないよう事前に決めた予算内で楽しみましょう。

スロットをやめたいなら守るべきこと

ちょっとぐらいが命取り

スロットからしばらく離れていて、久しぶりにやってみようかなとパチンコ屋に行くのは絶対にやめましょう。

パチスロ熱が再燃し、また依存してしまいます。

パチスロに触れない

次の行為もNGです。

・ゲーセンでスロットをする
・実機を買って家でパチスロ
結局物足りなくなってパチンコ屋に行ってしまうので、まったく意味のない行為です。

スロットを辞めるメリット

支出をコントロールできる

スロットは熱くなって予算以上にお金を使ってしまうので、支出がコントロールできません。

スロットを辞めたら月の支出が読めるようになります。

時間ができる

朝一で並んで閉店まで打つと10時間以上使うことになります。それで勝てばまだマシですが、負けたら金と時間を浪費しただけです。

人生は有限です。スロットを辞めたら別のことに時間を使えます。

タバコもやめれる

パチンコやパチスロで大当たり中にタバコを吸うのは快感ですよね。なかなか当たらずにハマっているときもイライラしてタバコの本数が増えます。

スロットを辞めずしてタバコを辞めれることはないでしょう。スロットを辞めると禁煙の成功確率が格段に上がります。

その他にも健康上のメリットは大きく、肩こりや眼精疲労がなくなったりします。

スロットをやめたいけど借金がある方

借金がある状態でスロットを続けると借金は膨らむ一方です。借金が増えると感覚が麻痺して自暴自棄気味になったり、少しでも返済の足しにしようとスロットに行くという悪循環に陥ります。

スロットをやめるステップとして債務整理や自己破産を検討すべきです。借金がない状態になると「もうあの頃に戻りたくない」という気持ちが働いて、パチンコ・パチスロ断ちするきっかけになります。

まずは、債務整理シミュレーションで「借金がいくら減るのか?」「月々の支払いがいくら減るのか?」を無料で診断してみましょう。

もしかすると過払い金が発生しているかもしれません。その場合は、借金がなくなるだけでなく、過払い分が戻ってきます。

払い過ぎた利息は返ってくる可能性があるのです。

過払い金や利息の払い過ぎが発生していないかどうかの確認も含め、まずは無料で債務整理シミュレーションをしてみましょう。