厳選記事はコチラからどうぞ!

サウナの医学的な効果は?健康に与える効能とダイエット効果を解説

サウナってなんとなく健康に良さそうだけど、身体への負担もありそうですよね?

血行が良くなって健康促進に効果がありそうだけど、
血圧の上昇で心臓に負担がかかりそう・・・

汗がたくさん出るから痩せそうな気がするけど、
水分が出てるだけな気もする・・・

実は、、、

サウナが健康に良いという医学的根拠があるのです!

そして、サウナのダイエット効果の有無も医学的に判明しています。

サウナの正しい入り方と注意点を知り、
健康的な身体を手に入れましょう!

医学的にみるサウナの効果・効能

サウナがもたらす健康への効果は、医学的に解明されています。
具体的にどのような効能があるか見ていきましょう。

体調維持の効果

サウナでの急激な温度変化は、交感神経を活性化させる効能があります。

サウナ室内の熱による刺激。
そして水風呂による冷たい刺激。

このような刺激を繰り返すことにより、交感神経は活性化し、
体温調整機能などが向上します

冷暖房が効いた室内で過ごすことの多い現代人は、
交感神経がなまりがちです。

体温調整機能が低下すると、暑さや寒さに適応しづらくなります。
特に気温の変化が激しい季節の変わり目は体調を崩しやすくなってしまうのです。

交感神経を刺激するサウナは体温調整機能を改善する効果がありますので、
体調維持にも効果があるのです。

食欲や便通を向上させる

サウナに入ると体温が上昇します。
そして、体温が上昇すると副交感神経が活性化されます。

副交感神経が刺激されると胃腸の働きが活発になり、
消化液の分泌も増加します。

この働きにより、食欲や便通の改善効果が出ます。

睡眠の質を改善する

休んだり、リラックスしたりするときは副交感神経が活発になっています。
逆に、仕事中や緊張しているときは交感神経が優位な状態です。

・遠足の前日に楽しみすぎて眠れない。
・翌日に大事な面接を控えていて眠れない。
・床が変わって眠れない。

これはすべて交感神経が優位な状態にあるからです。

交感神経が活発化している状態だと眠れなかったり、
眠れたとしても睡眠の質が悪くなります。

サウナで体温が上がり、副交感神経が活発になることで、
良質な睡眠を得られる効果があるのです。

動脈硬化を防ぐ

副交感神経が活性化すると血管拡張効果が得られます。

血管拡張すると血流が良くなるだけでなく、
血管そのものの機能改善新しい血管をつくる働きもみられます。

サウナの体温上昇で副交感神経が活発になることによって、
血管を若々しく保ち、動脈硬化を防ぐ効果があるのです。

老廃物の排泄・汗腺の活性化

体温上昇に伴う、発汗もサウナの大きな効能です。

サウナに入ると通常数百mlの汗をかきます。
この発汗により、老廃物が排出されます

さらに休眠中の汗腺を起こす効果があります。

日本人の汗腺(実際に汗を出す能力のある汗腺)は平均230万個と言われています。
しかし、冷房などによって汗をかく機会が少なくなると、休眠する汗腺が増えてしまうのです。

サウナで体温上昇させることにより、発汗を促されます。
発汗により、眠っている汗腺を目覚めさせることができます。
これは体温調整機能の改善を意味します。

自律神経のバランスを整える

自律神経は交感神経と副交感神経に分けられ、
それぞれがバランスを取りながら働いています。

自律神経は無意識で働いているため、自分でコントロールすることができません。

食べ物を胃腸で消化されるのも、心臓が動くのも、
呼吸するのも、私たちはすべて無意識で行っています。
これらの働きには自律神経が関わっています。

それ以外にも自律神経は、脈拍・体温・免疫・ホルモンなど、
生命維持に関わる多様な働きを支配しており、
私たちの人間の体を構成する約60兆個の細胞すべてを
無意識のうちに調整しているのです。

自律神経のバランスが崩れると様々な体の不調を引き起こします

サウナは交感神経と副交感神経の両方を刺激し、活性化する効果がありますので、
自律神経のバランスを整える効能もあるのです。

医学的にサウナのダイエット効果はあるのか?

医学的には、サウナのダイエット効果はないことが判明しています。

サウナで体温が上がるのは外気の熱によるもので、
体内の脂肪を燃焼させているわけではないからです。

サウナによって減少した体重は、
すべて汗となって出ていった体内の水分なのです。

サウナのデメリットやリスクは?

サウナの良い面ばかりお伝えしてきましたが、デメリットやリスクもあります。
正しいサウナの知識を身に付けることが重要です。

体調不良を起こす可能性がある

5〜10分間サウナに入ると深部体温は約1度上昇します。
それ以上体温を上げると、のぼせによる吐き気やめまいなどの体調不良が起こる可能性があります。

脱水症のリスク

大量発汗による脱水症のリスクがあります。

週2〜3回の入浴が必要

長期的効果を引き出すには週2〜3回の入浴が必要になります。
定期的に入浴することで、血管をはじめとする体の機能向上が見込めます。

サウナの注意点

正しい知識を身につければ、サウナのリスクは回避できます。
サウナに入る際には以下の点に注意しましょう。

サウナに入る時間に注意

健康に良い効果を与えるサウナですが、
長時間我慢して入り続けるのは逆効果です。

サウナに入る時間やサウナと水風呂のセット数は以下を目安にしましょう。

サウナ室に入る時間の目安:5〜10分間
サウナと水風呂を交互に繰り返す場合:1日3セットまで

心臓の負担に注意

以下に該当する場合、80度以上の高温サウナは心臓に負担が掛かり危険です。

  • 高血圧などのリスクファクターがある人
  • 高齢者
  • 健康な人でも体調不良の場合

脱水症状に注意

サウナで特に注意しなければならない水分補給です。
大量の発汗により、脱水症状が起こると、体内では血液の量が減り、血流量も減少します。

それによって身体の各部に重要な酸素・栄養が供給されなくなり、
倦怠感、頭痛、嘔吐、めまいなどの症状が出ます。

さらにひどくなると、意識がもうろうとしてきて失神。
最悪の場合、死に至ります。

サウナでは体温上昇と数百mlの発汗が同時に起こるため、
脱水による熱中症と同じ状態に陥りやすいのです。

このような症状を防ぐためには十分な水分補給が不可欠です。

まとめ:サウナの効果

サウナは健康維持・増進に非常に効果があります。

その効能を享受するためには正しい入浴法を心がけ、
リスクを回避することが重要です。

本記事は以下の資料を参考に構成しました。
参考 サウナが健康にいい医学的根拠和温療法 WAON THERAPY 参考 自律神経の乱れと原因。整え方の基本&応用まで専門医が解説カラダネ 参考 自律神経の基礎知識 【交感神経と副交感神経】花王ヘルスケアナビ